京都の建築家が教える注文住宅のツボPoint in the order housing @Kyoto

column25 今こそフラット35 2019.06.07

■固定金利継続のメリット

家づくりの資金は、多くの人が住宅ローンを利用します。
「住宅ローン」で検索すると、web上には
「0.775%」
「0.457%」
など低金利時代を象徴する、魅力的な金利が並びます。
ご存知のように、これらは様々な条件のもとで設定される期間限定の金利です。
この金利が契約期間中、30年とか35年とかの間、ずっと続けば素晴らしいのですが、固定期間明けに金利は変動に転じます。
変動して金利減少するとなおさら嬉しいのですが、残念ながら、金利は上昇する可能性の方が高いのです。

上昇しても元の金利が低いから大したことにはならない、と思いたくなります。
ただ歴史を振り返ると、一旦政策金利の上昇が始まると、短期間に、猛烈な勢いで進みます。
ローン金利も政策金利に連動するので、固定期間明けに、金利が上昇する可能性があります。

ローン金利が上昇すると、なにが起こるか?
・ローン返済の総額が変わります。
3500万円で家を建てたつもりが、3800万円になったり、4000万円になる可能性があります。
・月々やボーナス時の返済額が変わります。
新車購入や子供の大学進学など、大きい予算を使うイベントを、見直す必要に迫られるかも知れません。
・返済期間が延びる可能性さえあります。
生活設計も長期のライフデザインも、先の見通しが効かなくなります。

そのような事態を避けるために設計されたのが、「フラット35」。
融資実行時点に決定した金利が、返済期間中ずっと続きます。
金利が急上昇しても影響を受けないため、返済総額も、月々やボーナス時の返済額も返済期間も、変わりません。
生活設計もライフデザインも、金利に左右されません。

長期固定ローンという性質上、建てる建築物にも厳しい基準が求められ、様々な段階で審査が入ります。
検査をクリアした建物は文字通りのお墨付き、ハイスペックで良好な住宅となります。
家づくりのプロがこぞってお勧めするフラット35。
資金計画を考え始めたら、一考されることをお勧めします。

このコラムは、注文住宅を計画する方の参考になることを目的に、弊社の経験に基づいて書き下ろします。
トピックス、技術、経験の内容は、主観に基づくことをご了承ください。

長期固定住宅ローン フラット35
フラット35の住宅ローンシミュレーター
ARUHI
ARUHI 住宅ローン専門会社で東証一部上場
joファイナンス
JOファイナンス ライフデザインの相談も
  1. 24セレブの至言
  2. 23グリーン効果
  3. 22家づくりの失敗?
  4. 21熟年世代の住宅ローン
  5. 20持ち家リスクの傾向と対策
  6. 19家づくりの目標設定
  7. 18軽減措置の効果
  8. 17消費増税の経過措置
  9. 16土地に掘り出し物はない
  10. 15家づくりの敷地を探そう
  11. 14家づくりの予算
  12. 13ML直伝!インテリアのコツ
  13. 12フローリングでキメる!
  14. 11夏の省エネ省コスト対策
  15. 10華麗なるペンダントの世界
  16. 09気になる排水つまり
  17. 08蓄熱式床冷暖房「ヒートコア」
  18. 07コーキングチェック
  19. 06空調を考える
  20. 05耐震性能の考え方
  21. 04断熱3つのポイント
  22. 03換気でアンチエイジング
  23. 02話題沸騰!ZEH
  24. 01決定版!寒くない家作り