実績が語るデザイン力Concept make

実績が語るデザイン力

誰しも、家を特別な場所にしたい、と思います。
美しさに、機能やメンテナンス性も兼ね備えて。
住宅設計の難しさは、すべての条件を満たす点。
3Dの画面上や机上のアイデアだけではない、
生きた知恵と経験が、デザインに存在感を与えます。

実績が語るデザイン力
  1. 1メディア掲載実績
  2. 2デザイン志向への対応
  3. 3高い仕上げ完成度
  4. 4豊富な景観条例実例

1メディア掲載実績

住宅雑誌、テレビ、新聞。
ウェブマガジン、住宅系プラットフォーム。
国内から海外まで。
多くのメディアがアーキシップスのデザインに共感し
取り上げています。



メディア掲載実績

2デザイン創造

デザインは建築家の自己主張ではなく
機能を美しく見せ、コンセプトを際立たせ、
依頼者さまの個性と文化を造形するものです。
世界に一つ、依頼者とそのご家族のためだけの
デザインを、お楽しみいただけます。
フレンチカントリー、ミッドセンチュリー。
モノトーン、ホテルライク、ミックスカルチャー。
依頼者さまの夢をお聞かせください。
最適なデザインとしてご提案します。



書斎

3分離発注で高い完成度

どんなに素敵なデザインもアイデアも、
神経の行き届いた工事がなければ、実現しません。
職人の仕事ぶりで工事の仕上がりが、
工事の仕上がりで建物の質が、大きく変わります。
アーキシップスはオープンシステムの採用で
工事期間中、隅々まで監理の目を届けます。
職人との距離が近い施工形態だから、
高い完成度を期待できます。



洗面室

4豊富な景観条例対応

京都の景観を永続的に守るため、
市全域には、景観条例が定められています。
地域によってその内容は異なりますが
細かな規定を設けて京都の景観を守ります。
アーキシップスには景観条例下での
豊富な経験があります。
規制をハードルととらえるより
京都らしさを表現するヒントととして
街に溶け込み印象深い外観をご提案します。



玄関