ハイスペックHigh spec

ハイスペック

高品位な住み心地を実現する、注文住宅のスペック。
アーキシップスは高気密・高断熱住宅をベースに、建物の質を高める
高機能なスペックを標準採用しています。
ハイエンドな技術や素材を組み合わせて、理想の注文住宅が
実現します。

ハイスペック
  1. 1ダブルバリア断熱
  2. 2断熱サッシと断熱扉
  3. 3第1種換気システム
  4. 4土間暖房と蓄熱暖房
  5. 5防犯性能
  6. 6外壁通気工法
  7. 7珪藻土
  8. 8無垢フローリング

1ダブルバリア断熱

住まいの快適性に直結する、断熱性能。
アーキシップスでは、木造住宅においても、
外断熱にあたる「外張り断熱」を標準とします。
室内側では現場発泡の吹付材、外壁側には断熱材を
挟み込み「ダブルバリア」を形成。


長期優良住宅認定条件の「次世代省エネ基準」をクリア。
外気温の室内への影響を最小限に抑えます。

→ click the image



ダブルバリア断熱
ダブルバリア断熱

ダブルバリア断熱

従来の木造住宅では、室内の柱間にグラスファイバーなどのシート断熱材を施工して来ましたが、近年は「外断熱」に注目が集まっています。
アーキシップスでは、室内の柱間は吹付断熱材で隙間なく充填、外壁側はボード断熱材を貼り付けて二層の断熱層「ダブルバリア」を形成。
高い断熱性能は冷暖房費の抑制や防音効果が期待できるなど、住み心地を決定的に向上させます。

2断熱サッシと断熱扉

断熱性能に大きく影響する開口部には
ペアガラスの高性能サッシを標準採用。
熱を逃がさないLow-Eガラスや結露防止の
樹脂サッシ、より高断熱な三層ガラスなど
目的に応じて断熱仕様を使い分けます。

熱が出入りしやすい開口部の断熱効果が
ダブルバリアとの相乗効果を高めます。

→ click the image



断熱サッシと断熱扉
断熱サッシと断熱扉

断熱サッシと断熱扉

長期優良住宅など住宅の質の向上が命題となるなか、断熱技術も格段の向上を見せています。
ガラスはペアガラスやトリプルガラスで熱を伝えにくくし、Low-Eガラスで遮熱効果が向上。
熱を伝えにくい樹脂枠やスペーサーで断熱、防露効果を発揮。これらの技術の組み合わせで、目的に合った最適サッシを選ぶことができます。

3第1種換気システム

一般的な住宅の換気は、排気により空気の流入を促す
「第三種換気」。
アーキシップスでは機械で給気と排気を24時間管理する
「第1種換気」を標準採用しています。

熱交換による計画換気で、冷暖房効果を損なわず
ダブルバリア断熱との相乗効果を高めます。

温度・湿度調整、空気清浄など、目的に沿った
機種選定で、理想の室内環境を実現できます。

→ click the image



第1種換気システム

換気+温度

人にも建物にも不可欠の換気ですが、暖冷房時の温度変化が問題視されてきました。
屋外の暑さや寒さが供給されてしまう欠点をカバーするのが熱交換器による同時給排
システムで、温度変化を最小限に止めます。
交換器の設置は原則フロアに1台で、部屋ごとに換気扇を設ける従来の方法より断熱性能が
向上、外壁への影響が少なく、防音効果も期待できます。

→ 協立エアテック全館空調換気システム
→ 三菱電機 ロスナイセントラル換気システム
→ ダイキン工業 ベンティエール

4土間暖房と蓄熱暖房

建物を基礎スラブから温める土間暖房。
地中にパネルを敷き詰め、その熱で地中に大きな
蓄熱層を形成。蓄えられた熱は床面からの放射熱で、
部屋全体を暖めます。

蓄熱暖房も、暖房機内部の蓄熱層を温め、輻射熱を
利用して人が感じる暖かさを形成します。

水蒸気やCO2を排出しないクリーンな暖気。
高い断熱性能との相乗効果で、春のような自然な
暖かさを体感できます。

→ click the image



土間暖房と蓄熱暖房
土間暖房と蓄熱暖房

ユニデール蓄熱暖房機

→ユニデール

地中蓄熱式床暖房サーマスラブ

 →サーマスラブ

5防犯性能

建物の防犯機能は基本性能の一つ。
ご要望により、キーレスエントリーが可能な
キーシステムや室内からの解錠、録画機能付きインターフォン、
防犯カメラなど、様々な商品から選択できます。


設計段階で導入が決まれば、警備会社と打ち合わせ、
工事中にコントローラーの施工を済ませることも可能。
安心して暮らせる万全の備えを実現できます。

→ click the image



防犯性能

防犯性能

▪️商品・サービスの一例
キーシステム →YKK AP
防犯合わせガラス →YKK AP
インターフォン →パナソニック
セキュリティサービス →セコム

6外壁通気工法

かつて木造住宅の外壁は、断熱材が結露して
熱やカビ、腐食、シロアリなどの遠因となる
壁体内結露が大きな問題でした。
アーキシップスでは外壁内に通気層を設ける
外壁通気工法を採用し、問題の発生リスクを最小化。

外気は外壁下部の水切りを通って軒天通気口から排出され、
壁体内部に熱や水蒸気が滞留しません。

→ click the image



外壁通気工法
外壁通気工法

外壁通気工法

外壁下地の構造用合板より外側に、通気層を設ける外壁通気工法。基礎立上り直上から軒天まで、壁の中に通気層を確保します。
壁体内で熱せられた空気が上昇して、軒先の通気口から排出されることで壁の中での空気の流通を促し、壁体内での結露やカビの発生余地を排除します。
万が一外壁から浸水することがあっても、この通気層が排水経路となり、室内に影響を及ぼさない効果もあります。

7珪藻土

室内の仕上げは珪藻土を標準とします。
多孔質で柔らかな質感、自然素材、調湿効果など
珪藻土の魅力は豊富にありますが、特筆すべきは
光の反射の美しさ。

陰においても微細な光を乱反射する淡い発光は、
他素材には見あたりません。

→ click the image



珪藻土
珪藻土

珪藻土

左官仕上げの質感が独特の風合いを作り出す、珪藻土の塗り壁。
魅力的なテクスチャー以外にも、多くのメリットがあります。
→ 日本ケイソウ土建材

8無垢フローリング

仕上げ面積の広い床は、家の印象を決定する
最も大切な要素の一つです。
寸法精度が高く、質感が優れた無垢材や、質の高い
単板を加工した積層フローリングを標準採用しています。


建物のコンセプトやデザインテイスト、依頼者のお好みに
合わせて、物件ごとにサンプルを取り、家具やタイルなど
ほかの仕上げ材とのバランスを見ながら、決定します。

→ click the image



無垢フローリング
無垢フローリング

無垢フローリング

空間のコンセプトを明快に表現するフローリング。
色、素材、幅、尺、質感、安定供給など様々な要素を吟味して、もっとも適した素材を選択します。
写真上段左からバーチ、ブラックチェリー(積層幅広)、ブラックウォールナット 下段左からオーク(積層幅広)、ローズウッド、カリン