スペックは理想の追求Fine equipments

理想の住み心地を支えるスペック

住宅の完成度を上げる高度な設備機器。
注文住宅では高度なスペックを駆使して、
理想の住み心地を追求することができます。

  1. 1ダブルバリア断熱
  2. 2断熱サッシと断熱扉
  3. 3第1種換気システム
  4. 4耐震等級3
  5. 5外壁通気工法
  6. 6珪藻土、フローリング

1ダブルバリア断熱

住まいの快適性に直結する、断熱性能。
アーキシップスでは、木造住宅においても、
外断熱にあたる「外張り断熱」を標準とします。
室内側では現場発泡の吹付材、外壁側には断熱材を
挟み込み「ダブルバリア」を形成。


長期優良住宅認定条件の「次世代省エネ基準」をクリア。
外気温の室内への影響を最小限に抑えます。

→ click the image



ダブルバリア断熱
ダブルバリア断熱

ダブルバリア断熱

従来の木造住宅では、室内の柱間にグラスファイバーなどのシート断熱材を施工して来ましたが、近年は「外断熱」に注目が集まっています。
アーキシップスでは、室内の柱間は吹付断熱材で隙間なく充填、外壁側はボード断熱材を貼り付けて二層の断熱層「ダブルバリア」を形成。
高い断熱性能は冷暖房費の抑制や防音効果が期待できるなど、住み心地を決定的に向上させます。

2断熱サッシと断熱扉

断熱性能に大きく影響する開口部には
ペアガラスの高性能サッシを標準採用。
熱を逃がさないLow-Eガラスや結露防止の
樹脂サッシ、より高断熱な三層ガラスなど
目的に応じて断熱仕様を使い分けます。

熱が出入りしやすい開口部の断熱効果が
ダブルバリアとの相乗効果を高めます。

→ click the image



断熱サッシと断熱扉
断熱サッシと断熱扉

断熱サッシと断熱扉

長期優良住宅など住宅の質の向上が命題となるなか、断熱技術も格段の向上を見せています。
ガラスはペアガラスやトリプルガラスで熱を伝えにくくし、Low-Eガラスで遮熱効果が向上。
熱を伝えにくい樹脂枠やスペーサーで断熱、防露効果を発揮。これらの技術の組み合わせで、目的に合った最適サッシを選ぶことができます。

3第1種換気システム

一般的な住宅の換気は、排気により空気の流入を促す
「第三種換気」。
アーキシップスでは機械で給気と排気を24時間管理する
「第1種換気」を標準採用しています。

熱交換による計画換気で、冷暖房効果を損なわず
ダブルバリア断熱との相乗効果を高めます。

温度・湿度調整、空気清浄など、目的に沿った
機種選定で、理想の室内環境を実現できます。

→ click the image



第1種換気システム

換気+温度

人にも建物にも不可欠の換気ですが、暖冷房時の温度変化が問題視されてきました。
屋外の暑さや寒さが供給されてしまう欠点をカバーするのが熱交換器による同時給排
システムで、温度変化を最小限に止めます。
交換器の設置は原則フロアに1台で、部屋ごとに換気扇を設ける従来の方法より断熱性能が
向上、外壁への影響が少なく、防音効果も期待できます。

→ 協立エアテック全館空調換気システム
→ 三菱電機 ロスナイセントラル換気システム
→ ダイキン工業 ベンティエール

4耐震等級3

建築基準法で定められた耐震等級は1、金物の補強などでより高い耐震等級を選択できます。
2018年6月の大阪府高槻市を震源とした地震では、震源のすぐ近くに複数の弊社の物件があります。
近隣で被害が報告される中、耐震等級3の弊社物件は被害が発生しなかった経験があります。
一方で、耐震等級の高い物件は、通常の物件より工事費はアップします。
耐震等級のグレードアップ、検討し選択することができます。

→ click the image



熊本地震における木造住宅の、建築時期別の損傷比率

耐震性能により、建物の被害程度に差がつくことが明らかに。
建築学会によって実施された益城町中心における悉皆調査より
M's構造設計講演資料を再構成

5外壁通気工法

かつて木造住宅の外壁は、断熱材が結露して
熱やカビ、腐食、シロアリなどの遠因となる
壁体内結露が大きな問題でした。
アーキシップスでは外壁内に通気層を設ける
外壁通気工法を採用し、問題の発生リスクを最小化。

外気は外壁下部の水切りを通って軒天通気口から排出され、
壁体内部に熱や水蒸気が滞留しません。

→ click the image



外壁通気工法
外壁通気工法

外壁通気工法

外壁下地の構造用合板より外側に、通気層を設ける外壁通気工法。基礎立上り直上から軒天まで、壁の中に通気層を確保します。
壁体内で熱せられた空気が上昇して、軒先の通気口から排出されることで壁の中での空気の流通を促し、壁体内での結露やカビの発生余地を排除します。
万が一外壁から浸水することがあっても、この通気層が排水経路となり、室内に影響を及ぼさない効果もあります。

6珪藻土、フローリング

仕上げ面積の広い床、壁、天井が家の印象を決めます。
室内の仕上げは珪藻土を標準とします。
陰でも微細な光を乱反射する淡い発光は、独特の美しさ。
床は質感に優れた無垢材や、質の高い単板を加工した積層フローリングなど、サンプルを取り寄せて選択できます。

→ click the image



無垢フローリング
無垢フローリング

珪藻土、フローリング

空間のコンセプトを明快に表現するフローリング。
色、素材、幅、尺、質感、安定供給など様々な要素を吟味して、もっとも適した素材を検討します。
フローリングの色や質感によって、光の色が違って見えます。
写真左からチェリー無垢材、ブラックウォールナット無垢材、北欧のオーク積層材