オープンシステムOpensystem

依頼者ファーストの建築工事

オープシステムは株式会社イエヒトが提唱する
注文住宅のための工事手法です。
依頼者と専門工事業者が工事契約することで、
中間流通にいる工務店のためではなく、
最終消費者である依頼者のための工事が実現します。

オープンシステムとは
  1. 1依頼者ファースト
  2. 2建築家がパートナー
  3. 3家づくりを楽しむ
  4. 4ムダを削れる
  5. 5予算を使うべき部分
  6. 6品質を支えるのは
  7. 7融資制度あり
  8. 8保険制度が充実

1依頼者ファースト

依頼者ファーストの家づくりとは、
設計の方針やプロジェクトの目的を、
依頼者の意向に沿って進める家づくりです。
建築家は依頼者の方針を設計図面として提案します。
見積段階に入ったら見積書は全て依頼者に報告され、
専門業者や資材の採用決定の過程に参加できます。
専門知識が必要な場面は建築家がブレーンとしてサポート。
依頼者は家づくりの全ての過程に参加できます。



2依頼者が建てる

「家を建てる」という言葉があります。
建てるのは、いずれその家に住む依頼者本人です。
依頼者が建築家をパートナーに進める家づくり。
設計段階では、依頼者が住まいに対して抱く夢や希望を伝え、
条件や予算、敷地の制約をともに検討し、
建築家は世界に一つだけの家をデザインします。
たとえ当初、依頼者の求める住まい像が明確でなくても
打ち合わせを繰り返すうちにはっきりしたイメージとして
依頼者の脳裏に描かれるようになります。
建築家は設備の性能、コスト、工事の諸条件も
依頼者のブレーンとして助言し、竣工までサポートします。



3家づくりを楽しむ

オープンシステムの家作りでは、ハウスメーカーなどと比べて
打ち合わせ回数が多くなります。
設計のプロセスでは依頼者の要望に沿って設計案が出され、
検討して修正し、その内容を模型やCGで確認し、
素材のサンプルを取り寄せたりショールームを見学したり
設計図面の詳細な部分まで検討します。
そのような過程を経て、世界で一つの家が図面化されます。
工事も建築家や調査機関が所定のタイミングで検査を繰り返し、
時間をかけて丁寧に進められます。
依頼者は全ての過程を楽しむことができます。



4ムダを削れる

消費者が農家から野菜を直に買うのと同じように、
依頼者が大工や設備などの専門業者と直に契約を結ぶのが
オープンシステムの最大の特徴です。
いわゆる従来の下請けに位置する専門工事の職人は、
中間業者である元請業者のために工事をしてきました。
その過程では依頼者に見えない経費も発生してきました。
オープンシステムは工事の流れを依頼者と職人だけに短縮し
工事費の大きな部分を占めていた見えない経費をカット。
依頼者のための工事を実現します。

→ click the image


ムダを削れる

依頼主が大工や設備などの専門業者と直に契約を結ぶのがこのシステムの最大の特徴。
基礎をつくる職人も、壁を塗る職人も、電気の配線をする職人も、すべての職人の顔が見えるから安心です。
従来の工事形態につきものの、依頼者から見えない間接経費が発生しません。

5予算を使うべき部分

工事費の透明性が高いオープンシステム。
ポイントは依頼者が工事費の配分に関与すること。
各種見積書の比較で工事や資材の価格が明確になるので、
建築家とひとつひとつ相談しながら
「ここにはこだわりたい」と感じる部分に
ドンと予算を充てることも可能です。
コストダウンが必要な場面では、経験豊富な建築家がアドバイス。
大切な資金を依頼者が納得して決済できます。

→ click the image


直接工事費の比較例

工務店やハウスメーカーの場合、総額の30〜40%程度がモデルルームの建設費や維持費・
人件費・宣伝広告費などの販売管理費や本社経費・利益などの、工事とは関わりのない費用と言われます。

6品質を支えるのは

一生をそこで過ごす住宅の品質は依頼者が最も気になる点。
設計や建築確認の過程で図面上の品質は確保されますが、
専門工事業者が設計図面どおりに工事が行っていることを
現場で確認する過程も重要です。
工事の品質は専門工事業者が責任を持って確保し、
建築家は現場での検査でその確認を行います。
オープンシステムの工事では建築家が行う検査として
木造住宅で38工程167項目を設定しています。
建築家は依頼者に検査結果を報告し、
工事業者からは現場報告が届きます。

→ click the image


建物の品質を支えるのは

建物の品質が確保されないと、都市や国土の安全も、健全な発展も望めないことから、建築基準法で建築に関する基本的なルールを定めています。

建築を計画する建築主(依頼者)は、設計段階で規定の検査「建築確認」を受けます。
定められた機構による確認を受けなけば、工事はできないルールです。
工事の最中には同様の「中間検査」、瑕疵保険のための「構造検査」、オープンシステムの「指定検査」が。
工事終了後には建築基準法に基づく「完了検査」があり、合格しなければ建築主(依頼者)といえども建物の使用は認められません。

建築工事は様々な専門職の目で品質をチェックされています。

7融資制度あり

オープンシステムでは優良な建築に対する融資制度もあります。
借入期間中固定金利が続くフラット35は、保証料や繰上げ
返済手数料が要らず、厳格な設計審査で建物の安全性を
担保するすぐれた住宅専用の金融商品です。
借り手に多くのメリットがあるフラット35を
OS物件に精通したベテランスタッフが融資設定から
最終支払までサポートします。

→ click the image


osフラット35

融資制度あり

株式会社JOファイナンスサービスが提供する、オープンシステムに特化したフラット35。
ローンの設定から最終支払いまで、オープンシステムに精通した担当者が徹底サポート。
プロジェクトを資金面で支えます。

→ 株式会社Joファイナンスサービス

8保険制度が充実

オープンシステムは保険制度も完備しています。
建物の引き渡し業者が加入を義務付けられた住宅瑕疵保険に
オープンシステム物件も加入します。

瑕疵保険とは別に、オープンシステム物件はすべて
保険制度のある建物登録が適用されます。

工事の流通経路をカットするオープンシステムは、
リスク回避の制度だけは厚い装備を備えています。

→ click the image


オープンシステム建物登録制度と瑕疵担保責任保険

保険制度が充実

オープンシステムでは、二つの保険制度でプロジェクトをバックアップ。

建物を引き渡す業者が加入する住宅瑕疵保険
法律により工事業者の加入を義務化、工事ミスの賠償責任を担保する保険です。
住宅所得者(依頼者)には「瑕疵保険付保証明書」が発行されます。
→住宅かし保険

オープンシステムの「建物登録制度」
オープンシステムで建てる建物は、工事期間中から竣工後まで独自の補償制度がカバー。
工事中の事故や火災、引き渡し後は工事ミスによる工事業者の賠償責任を支援します。
工事中の事故や竣工後に発覚する工事ミスなど
様々なシーンを想定した保険制度です。
→建物登録制度

竣工後の火災保険や地震保険も用意されています。
お気軽にお問い合わせください。