京都の建築家が教える注文住宅のツボPoint in the order housing @Kyoto

column26 突き板が楽しい! 2019.08.29

■室内デザインの神ワザ

人を優しく包み込む木の仕上げ。
年輪や節が見える素朴な質感から、現代美術を彷彿とさせるモダンな表情まで。
バリエーション豊かな木の仕上げ材をご紹介します。
*素材写真全て安多化粧合板提供

家を建てるとき、一般的にはメーカーのシステムキッチンを据付け、家具店で購入した家具を置くことが多いと思います。
ところが同じ黒でも色や質感はメーカーによって違いがあるので、購入先やオーダーする先が違うと、トータルな空間コーディネートが難しくなりがち。
そこで弊社では、室内で使う面材を統一して、室内の印象をまとめるようにしています。

具体的には、ダイニングテーブル、キッチン、テレビボード、建具など、ある場所に立った時に目に入る範囲の素材を統一します。
家具やキッチンの図面を描いて面材を決定し、家具屋さんや建具屋さんに、この面材を使って作ってください、とお伝えします。
キッチンのこの扉のここに、この素材のこの辺りが来るように・・・と細やかな指示を出し、作り手が変わっても仕上げの印象を変えないよう注意します。
室内の色や質感が一定の範囲に収まり、室内で感じるノイズ(小さな不協和音)を排除することができるので、結果として空間デザインの密度が高まります。
ぐっとおとなな印象の、ホテルのような住みご心地が実現できるのです。

「sunnyside」では、表情のある面材を使用しました。
濃い色が一般的なウォールナットですが、シロタと呼ばれる白い部分がスーッと入った、表情豊かなウォールナットです。
通常、家具の面材は同じ柄行きが連続して退屈になりがちですが、家具全体で一つの柄を構成する面材を使うことで、よくあるパターンの連続とは一線を画します。
家具の表面仕上げの木を突き板と言いますが、突き板のレイアウトを工夫すると、こんなことが可能になります。
家具は家の道具。
室内設計の一環として建築とともに造作すると、人に一番近い建築になります。

無垢の木は、乾燥による収縮など、不具合が起こりがち。
家具では多くの場合、無垢材をそのまま家具として加工・使用するのではなく、用途に応じた部材を作り、面材を貼り付けて使用します。
突き板の質や塗装、加工の仕上がり精度により、家具の印象は大きく変わります。

自然が作る木の造形ですが、時として個性が際立つ素材に出会うこともあります。
まるで墨絵のような表情の木は、どんな風に使おうか?。
質感を生かして、キッチンなど長さのある家具に?
燻蒸加工で全体を暗い色に染めて、柄が浮き立つような壁面仕上げ材に?
特別な部屋の入口に使う建具に?

室内の空間デザインに合わせる面材を使えば、世界に一つだけの特別な空間が、ご自宅で実現します。
ぜひ一度、設計事務所や家具屋さんに、問い合わせてみてください。

このコラムは、注文住宅を計画する方の参考になることを目的に、弊社の経験に基づいて書き下ろします。
トピックス、技術、経験の内容は、主観に基づくことをご了承ください。

突き板が美しいキッチン
使用する前の材料
ARUHI
うすい薄い木が素材
joファイナンス
水墨画みたいな素材や
joファイナンス
特注でこんな素材も
  1. 27上海家具最前線
  2. 25今こそフラット35
  3. 24セレブの至言
  4. 23グリーン効果
  5. 22家づくりの失敗?
  6. 21熟年世代の住宅ローン
  7. 20持ち家リスクの傾向と対策
  8. 19家づくりの目標設定
  9. 18軽減措置の効果
  10. 17消費増税の経過措置
  11. 16土地に掘り出し物はない
  12. 15家づくりの敷地を探そう
  13. 14家づくりの予算
  14. 13ML直伝!インテリアのコツ
  15. 12フローリングでキメる!
  16. 11夏の省エネ省コスト対策
  17. 10華麗なるペンダントの世界
  18. 09気になる排水つまり
  19. 08蓄熱式床冷暖房「ヒートコア」
  20. 07コーキングチェック
  21. 06空調を考える
  22. 05耐震性能の考え方
  23. 04断熱3つのポイント
  24. 03換気でアンチエイジング
  25. 02話題沸騰!ZEH
  26. 01決定版!寒くない家作り