オーナーさまの声hounors review

オーナーズレビュー

作品事例でご紹介した物件のオーナー様から
家づくりに関するレビューが届きました。
プロジェクトを通して感じたことや家の住み心地、
友人や親戚など訪問者の反応など。
建築家との家づくりを経験した依頼者様の生の声です。

依頼者の声
  1. 7望月居
  2. 6コンベルサシオン
  3. 5眺めのいい窓
  4. 4ファミリーポートレイト
  5. 3物語が始まる家
  6. 2jazzycube
  7. 1竹林風洞

7望月居 ベストを求めたい、その想い

月並みな言い方ですが、やっぱり家は一生の内に何度も出来る買い物ではないと思います。
過程で難しい素人考えを丁寧に汲み取って頂き図面を修正してもらって、今こうして居心地の良いベッドの上で娘の寝顔を見ながらレビューを書ける家が出来ました。

→ 続きは写真をクリック


望月居

[ 要望の実現度 ]
オープンシステムで依頼をさせて頂きました。
もともとは関東の賃貸物件に住んでいましたが「関東では死ねない」という妻の要望で故郷の関西へ越しました。
それから一年間、永住すべき家を建てるため、展示場やモデルハウス、工務店巡りや土地探しをしてここならばと依頼しました。
月並みな言い方ですが、やっぱり家は一生の内に何度も出来る買い物ではないと思います。
ベストを求めたい。その想いやこだわりは妻の方が強く、お忙しい中、先生には日取りを調整して頂き何度も打ち合わせをさせて頂きました。
過程で難しい素人考えを丁寧に汲み取って頂き図面を修正してもらって、今こうして居心地の良いベッドの上で娘の寝顔を見ながらレビューを書ける家が出来ました。

6コンベルサシオン 会話に包まれ

コンベルサシオンの名前の通り、友人知人が集まる
会話が絶えない家になりました。

→ 続きは写真をクリック

コンベルサシオン

[ 要望の実現度 ]
家づくりは、ライフスタイルを見つめる作業。
古前ご夫妻と楽しい会話を重ねながら、価値観を共有し、一歩一歩、憧れ、夢を形作る。
家づくりは、家を建てるのが終着点ではなく、そこからがスタート。
「住む」を重ねながら、もっとステキな家にしていきたいと思います。
そんなことを思える家ができました。
今は多くの友達が集いワイワイ、ガヤガヤ、会話に包まれた空間になりました。
本当に有難うございました。

5眺めのいい窓 オープンシステム体験

日常の中に非日常を感じたい、自宅にいながらリゾート感を
味わいたい、というのが希望でした。
洗顔するだけでもホテルにいるような感覚、食後にコーヒーを
飲みながらライトアップされた庭を眺める、デッキチェアを出して
緑陰で憩う、という生活が実現して、
家族の会話も増えたように思います。

このライトはこんな風に使うためにあったのか、とか建築家の意図が
住んでからじわじわと分かってくる面白い家です。
建築家には20年後、30年後まで末永く見守っていただきたいです。

→ 続きは写真をクリック


眺めのいい窓

[ 要望の実現度 ]
基本コンセプトとして和モダンの家、白い壁に木のアクセントというイメージだったのでそのような家になったと思います。
あまり細かい要望は持っていなかったので、大部分はお任せして、いくつかのポイントで要望をきいてもらったという感じです。
[ 機能性 ]
夏は、リビングのエアコン一台つければ一階フロア全体が涼しくなります。寒い日も家全体が温かく、あまりに外気との気温差があるので、外に着ていく服の選択を誤ってしまいます。
[ オープンシステム ]
オープンシステムは何にどれだけお金がかかるのかが明確になるから、予算の範囲内で建てられる最高のものができることは間違いないと思います。
世界にこれ一つしかない家が建てられるという点で満足しています。
一方で気をつけるべき点は、ハウスメーカーの場合と異なり、建物の完成に対する責任が施主側にあるということです。実際に、すべての契約が終了して予算が決まってから、問題が発生して予算額が上がるといったことがありました。
厳密にはオープンシステムのデメリットとは言えない(決して施主が損をしている訳ではない)のですが、そういう見えないところが表に出てくる(まさにオープンシステム)ということを了解しておく必要があります。

4ファミリーポートレイト 3世代が集う

二世帯住宅を考えるにあたり、リフォームも考えましたが
古家の寒さから、室内環境を作れる建て替えを決意しました。
家族6人全員が納得できる間取りにたどり着くまで時間が
かかりましたが、平面図が決まると、3Dなどでイメージ
しやすく、打ち合わせが進みました。

冬は蓄熱暖房と吹き抜けのシーリングファンで室温が
一定に保たれ、夏は風通しが良く気持ちのいい、
家族が集まる家になりました。

→ 続きは写真をクリック


ファミリーポートレイト

[ 要望の実現度 ]
リフォーム物件の古家では制約があってできなかった、家族全員が集える場所を作りたいという思いを、今回は実現できました。
ホームシアターや対面キッチン、BBQできる中庭、大勢が入れる法事のできる和室、4台停められる駐車場など、具体的な要望は全て実現しました。
[ 機能性 ]
中庭に面して大きく開けた窓がありますが、2台の蓄熱暖房機と要望したシーリングファンで、真冬も寒く感じません。
[ オープンシステム ]
分離発注の工事は前回のリフォームと同じで、依頼者としての意識は大きく変わりません。今回はオープンシステムで保証が充実し、安心できました。
[ 住み心地 ]
冬暖かく夏涼しく、風通しよく、日差しもたっぷり入り、三世代全員が心地よく暮らしています。前回のリフォームもそうでしたが、住んでから、ここはこういう風に考えられてるのか、と、細かな配慮に感心することがよくあります。
[ 予算の達成度 ]
プロジェクト費用は100%予算に収まりました。

3物語が始まる家 家がこんなにも


遊びに来てくれる友人達も口をそろえて
「いい家だね」と言ってくれます。

→ 続きは写真をクリック

物語が始まる家

[ 機能 ]
日々の生活の中で、ふとした瞬間に、家の機能性の良さに気づくことが多くあります。
[ 住み心地 ]
家の中は午前中くもっていても、照明の必要がないほど明るく、夏日の時は、窓を少し開けるだけでとても気持ちのいい風が入ってきます。
家にいることがこんなにも気持ち良く感じるとは、思ってもいませんでした。
遊びに来てくれる友人達も口をそろえて「いい家だね」と言ってくれます。
これからもずっとこの家で暮らしていけるのを、本当に幸せなことだと思います。
素敵な家にして頂き、ありがとうございました。

2jazzycube 仕事の後はゆったり

中庭があって、外からの視線を気にせずにいられ、
室内からの視野が広いというプランをいただいて。
いいなあと。

jazzycube

[ 住み心地 ]
昼間はわりと忙しかったりするので、仕事のあとは外の目をあまり気にせずにゆったりくつろげるというのが一つの大きな柱にあったんです。
中庭があって、外からの視線を気にせずにいられ、室内からの視野が広いというプランをいただいて、いいなあと。
秋は紅葉が綺麗ですね。春は栗の木が茂って、草いきれというか、青い匂いが家の中に入ってくるので、季節が感じられます。

1竹林風洞 建築家の自邸

夕暮れ、裏庭に出したデッキチェアでくつろぐ。
盆や正月に友人知人とワインを傾ける。
そんな時、家を建て替えて良かったとしみじみ感じます。
テレビや雑誌の取材を受けるなど評判は上々。
時間がなかったから雑念を持つ余裕がなくて、
家に抱く概念を凝縮できたかも知れません。
住宅設備は年を追うごとによくなるので、
今ならこれができると、考えることもありますが。

→ 続きは写真をクリック


竹林風洞

[ 要望の実現度 ]
建築家の自邸だから要望の実現度は100%と言いたいところですが、現実は、仕事の合間をぬって、時間に迫られて、なんとか図面を揃えて、工事中に決定と言う場面も多数ありました。
時間のなさが逆に、中庭を囲む平面プラン、リゾートホテルのようなインテリア、すべての部屋が庭に面する眺望など、日頃から抱いていた家に対するイメージを迷わず反映できてよかったかも知れません。
反面、家具のデザインに時間をかけることができず、悔いが残る結果となりました。
[ 機能性 ]
風通し良く、蓄熱暖房機と床下暖房で冬も寒さを感じず、断熱性能が高いため防音性も高く、居住性の高さに満足しています。
[ オープンシステム ]
分離発注を長年実践した後でオープンシステムを知り、加入した経緯があります。
分離発注のデメリットは工事の瑕疵や事故ですが、充実した保証で、工事業者が安心して引き渡せるよう制度設計されています。
[ 住み心地 ]
年間を通して室内環境が安定し、大変良い住み心地です。家が一番気持ちいいと心から感じられるのは、大きな幸せだと感じます。