京都の建築家が教える注文住宅のツボPoint in the order housing @Kyoto

column22 家づくりの失敗? 2019.04.02

■失敗か成功かより、生活の反映を

これまでの設計物件で、「もっと良くなったかな。」と思う物件はあります。
何をかくそう、うち「竹林風洞」はその代表でして。
面積も採光も風通しも良く、住み心地は楽園ですが、細かなところで「こうしておけば・・・」と思うことは多々あります。
「キッチンはやっぱり、キッチン屋さんにお願いしたらよかったかな。」
「家具はもっといい材料を使ったらよかった。」
「壁は珪藻土だけじゃなくて、一部を化粧仕上げにしてもよかったかも。」
あとから考えると、いくらでも思いつくものです。
それを「失敗」と呼ぶかは別にして、それが家づくりです。

家を建てるのは人生のある時期ですが、住むのはそれ以降の数十年。
家は建てた時の価値観が固定されますが、住む人の価値観や経験・知識は、時間とともに変化します。
そこにギャップが発生して、後年「こうしておけばよかった。」と思うところが出てくるのは、自然なことです。

一方で家づくりは、手にする資産価値も、かける費用も、人生の大仕事。
「失敗したくない。」と思うのは、当然です。
だから、これから家づくりをお考えの方にお伝えしたいのは、
「みんな失敗するんですよ。」
「家を建てたら、それも楽しめるようになりますよ。」

わたしたちが「この家は大成功だな」と思う物件は、案外、お施主様の肩の力が抜けている場合が多いようです。
それは、お施主様のご依頼内容が、大まかにして明確、建築家に信頼をおいていただける物件です。
「家は、家族がいつも一緒にいられる気持ちいい場所にしたいです。」
「あとはよくわからないのでよろしくお願いします。」
そんなリクエストが、お施主様の満足度も上がり、雑誌やwebサイトで大人気になる物件の共通点のようです。

設計に入ると、お施主様は様々な選択を迫られます。
駐輪台数、キッチンの形状、シャワーヘッドの種類、寝室の扉は引き戸か片開きか。
普段の生活で考えたこともないような選択を次々と進めるうちに、提案図面は、お施主様の家に変化していきます。
肩に力を入れなくても、出来上がる家は、住む人の価値観を十分に反映します。

大きな言葉を使うと、家を建てる行為は生き方そのもの。
たどり着けなければ失敗と判定されるような、一つの正解を探し当てるゲーム、ではありません。
未来の自分が過去の判断をどう評価するかより大切なことは、今、どう生活するか。
等身大の生き方を反映できたら、家づくりは大成功です。

このコラムは、注文住宅を計画する方の参考になることを目的に、弊社の経験に基づいて書き下ろします。
トピックス、技術、経験の内容は、主観に基づくことをご了承ください。

sunnyside
キッチン専門店の仕事は素晴らしい sunny side
竹林風洞
楽園な住み心地 竹林風洞
眺めのいい窓
生活が家 眺めのいい窓
望月居
動線でできた家 望月居
  1. 23グリーン効果
  2. 21熟年世代の住宅ローン
  3. 20持ち家リスクの傾向と対策
  4. 19家づくりの目標設定
  5. 18軽減措置の効果
  6. 17消費増税の経過措置
  7. 16土地に掘り出し物はない
  8. 15家づくりの敷地を探そう
  9. 14家づくりの予算
  10. 13ML直伝!インテリアのコツ
  11. 12フローリングでキメる!
  12. 11夏の省エネ省コスト対策
  13. 10華麗なるペンダントの世界
  14. 09気になる排水つまり
  15. 08蓄熱式床冷暖房「ヒートコア」
  16. 07コーキングチェック
  17. 06空調を考える
  18. 05耐震性能の考え方
  19. 04断熱3つのポイント
  20. 03換気でアンチエイジング
  21. 02話題沸騰!ZEH
  22. 01決定版!寒くない家作り