京都の建築家が教える注文住宅のツボPoint in the order housing @Kyoto

column74 令和の時代の家づくり 2021.08.25

マクロデータで見る、家づくりの現在

そろそろ家が欲しいけど、どうやって?、費用は?
家を自分ごととして考え始めると、様々な疑問が浮かびます。
そこでマクロデータ を使って、令和の時代の家づくりを俯瞰してみます。

個人で新たに家を所有する方法は、①注文住宅を建てる、②新築分譲住宅(戸建、マンションetc)を買う、③中古分譲住宅(戸建、マンションetc)を買う、のいずれか。
着工件数や既存住宅流通量を見ると、「家を建てる」人(グラフ1 青色「持ち家」)より、新築や中古物件で「家を買う」人(グラフ1 緑・灰・黄色)が多数派です。
「新築」か「中古」かでは、長らく新築住宅の割合が多い時代が続きましたが、2014(平成26)年の消費増税以降は、中古物件(グラフ1 黄色「既存・・・」)を選択する世帯が多数派に転じました。

世帯主(建主または借主)の平均像

国土交通省「住宅市場動向調査R02」から、属性の違いなどを見てみましょう(グラフ2〜6は同調査報告書に基づく)。

世帯主の年齢は、賃貸は20代、新築の注文住宅と分譲マンション・分譲住宅取得世帯(以下「取得世帯」略)は30代、中古住宅とマンションは40代、リフォームと建て替えは60代以上が、一番多いようです(グラフ2)。
住宅取得に限れば、平均年齢は注文住宅40.4歳、新築分譲住宅39.6歳、同マンション43.5歳、中古住宅46.8歳、同マンション47.1歳。
20代で家を出て、30代後半から〜40代で住宅購入、60代でリフォームや建て替え・・・ライフストーリーをそのまま実感できるデータです。

世帯年収を比較すると、興味深いデータが現れます(グラフ3)。
日本全体の平均は553万円(厚生労働省2019年国民基礎調査)、中央値は473万円(平均は少数の超富裕層の影響が出やすいため、中央値が現実に近いと言われる)。
この住宅市場動向調査では、注文住宅を取得した世帯の平均世帯収入は804万円、分譲マンションなら879万円です(*全国ではなく三大都市圏)。
都市部とはいえ、全国平均と比較するとずいぶん高い印象ですね。
調査の対象は期間中に住み替え・建て替え・リフォームなど何らかの住宅取得・改善を行った世帯です。
いずれの世帯にも、しっかりした経済基盤があることが窺えます。

どんな人がどんな家を選択するか

住宅取得の選択肢「家を買う」or「家を建てる」、買うなら「新築」か「中古」か。
選択の背景には、どんな属性や志向があるでしょうか。

「なぜその住宅を取得しましたか?(複数回答)」
取得住宅の種類別にその理由を見ると、志向の違いが見えて来ます(グラフ4)。
分譲住宅世帯では「一戸建てだから」「新築住宅だから」がダントツトップ。
分譲マンション取得世帯は「立地条件」へのこだわりが強く、ついで「新築住宅だから」「マンションだから」。
いずれも新築志向が強く、かつ分譲戸建には分譲戸建への、マンションにはマンションへの、強いロイヤルティが見えます。
言わば「新築マイホーム」党の中に、「一戸建て派」と「都心マンション派」があるようです。

中古住宅取得世帯では「価格が適正」がトップ。
世帯年収も平均年齢も「分譲住宅」より高めで、「一戸建」と「立地環境」、「間取り」「面積」(設備等に関する選択理由 グラフ5)を重視。
世帯年収(グラフ2)と年収倍率(グラフ6)で、志向がはっきりしました。
世帯年収では必ずしも「新築派」が高収入というわけではないのですが、購入価格に対する年収倍率を見ると「中古派」の倍率の低さが目を引きます。
住み心地(高気密・高断熱)、デザイン、安全性など、住まいに対する感覚的・情緒的な志向が薄いのも特徴的(グラフ5)。
「中古住宅」党は、マイホームに対する夢より、家計を圧迫しない予算や部屋数(面積)を重視する、堅実生活志向のようです。

マクロデータなのであくまで傾向に過ぎませんが、住宅という大きい買い物を前にした「新築党」「中古党」それぞれの志向の違いが見えてきます。
注文住宅についても見ていきましょう。

→column75 令和の時代の家づくり 注文住宅 2021.09.03

このコラムは、注文住宅を計画する方の参考になることを目的に、アーキシップス京都の経験に基づいて書き下ろします。
トピックス、技術、経験の内容は、主観に基づくことをご了承ください。

グラフ1 住宅取得の内訳 最近は中古物件の割合が増加
グラフ2 取得住宅別 世帯主の年齢
グラフ3 取得住宅別 世帯年収
グラフ4 取得住宅別 住宅選択の理由
グラフ5 取得住宅別 設備等に関する選択の理由
グラフ6 取得住宅別 価格と年収倍率
  1. 73ウッドショック後の世界
  2. 72ウッドショックの現在
  3. 71注文住宅の長期保証
  4. 70すぐできる断熱リフォーム
  5. 69カーボンニュートラルへの道
  6. 68カーボンニュートラル2050
  7. 67ウッドショック
  8. 66冷暖房のおすすめ
  9. 65暖房プレイバック
  10. 64換気は熱交換で
  11. 63家から始まる
  12. 00バックナンバー