京都の建築家が教える注文住宅のツボPoint in the order housing @Kyoto

column77 令和の時代の家づくり 注文住宅の理由 2021.09.29

選択、それぞれの理由

戸建・マンションなど住宅選択の背景を見てみましょう。
国土交通省の「住宅市場動向調査」の最新(2020(R02)年)報告書から、注文住宅を取得した世帯の実情を探ります(グラフすべて同報告書から作成)。
まず、どのような理由でその住宅を購入するに至ったか(グラフ1)。
取得した住宅「注文住宅」「分譲戸建(建て売り)」「分譲マンション」「中古住宅」、4つのカテゴリーを見ましょう。
それぞれの第1位を見ると、志向の違いが鮮明です。
・「新築分譲マンション選択世帯(以下省略)」は立地の良さで選ぶ
・「分譲戸建」はとにかく、「新築」「戸建」が欲しかった
・「中古住宅」は何と言っても価格がキメ手(いずれもグラフ2)

では「注文住宅」選択世帯はどうかと見ると、全体にスコアが低めで、際立つ志向が見当たりません。
とりあえずの第1位は「戸建住宅だから」ですが、「分譲戸建」選択世帯と比較すると20ポイント近く低い値です。
取得住宅別で一番高い項目となったのは「信頼するメーカーだから」。
大手メ−カー広告の影響と思われますが、自発的な理由ではなさそう。
注文住宅を選択した積極的なモチベーションは、どこにあるのでしょう。

部屋数を求めるか、住み心地を求めるか

同報告書の「設備等に関する選択理由」を見ると、違いが見えて来ました(グラフ3)。
分譲戸建・マンション・中古住宅を選択した世帯は動きが似ており、飛び抜けて多いのが、「間取り・部屋数」そして「面積」。
重視されるポイントは「部屋数(面積)は十分か」。
対照的に「高気密高断熱」や「安全性」への関心は低めです。

動きがまるで違う、注文住宅を取得した世帯が重視するのは、「高気密高断熱」「デザイン」「安全性」など。
いずれも、住み心地や満足度が上がる項目です。
その実効性を担保する「長期優良住宅」の認定を、注文住宅を取得した世帯のほぼ半数が受けています(グラフ4)。
認定取得には工事費以外の費用が必要で、住宅の質がよくなる分、工事費はより高額になります。
半数が高額でも住宅の質が上がる選択をした点に、この層の特徴が現れます。
注文住宅を選択した世帯は、家づくりの過程で住宅の外形的な部分を気遣いつつ、家の質はそれ以上に求める、成熟した家づくりを志向しています。

実際に住宅を購入した世帯から見えるのは、どの選択の場合も、それぞれの世帯が求めるものを見極めて、慎重に計画・実行されている様子です。
なぜ新たに必要か、求めることは何か。
生活のプラットフォームである住宅だから、最良の選択をしたいですね。

このコラムは、注文住宅を計画する方の参考になることを目的に、アーキシップス京都の経験に基づいて書き下ろします。
トピックス、技術、経験の内容は、主観に基づくことをご了承ください。

グラフ1 住宅選択の理由
グラフ2 建売、マンション、中古の選択理由第1位
グラフ3 住宅選択の理由 設備等
グラフ4 長期優良住宅認定の有無
  1. 76注文住宅と言う選択
  2. 75令和の時代の注文住宅
  3. 74令和の時代の家づくり
  4. 73ウッドショック後の世界
  5. 72ウッドショックの現在
  6. 71注文住宅の長期保証
  7. 70すぐできる断熱リフォーム
  8. 69カーボンニュートラルへの道
  9. 68カーボンニュートラル2050
  10. 67ウッドショック
  11. 66冷暖房のおすすめ
  12. 00バックナンバー