京都の建築家が教える注文住宅のツボPoint in the order housing @Kyoto

column81 令和の時代の家づくり 省エネは国民の義務? 2021.12.22

2050年カーボンニュートラル宣言から一年

建築業界を揺るがせた「2050年カーボンニュートラル」宣言からはや1年。
この間、実現のための具体策が次々と検討、決定されています。
カーボンニュートラルについては以前にもこのコラム「カーボンニュートラル2050」で取り上げました。
様々な施策は、これから家づくりを計画する人に大いに関係します。
*グラフ1.2は資源エネルギー庁サイトより転載、一部加筆

「2050カーボンニュートラル」とは

概要を振り返りましょう。
2020年10月の国会での所信表明演説で、「2050年カーボンニュートラル実現」が宣言されました。
ロードマップの一環として、「2030年に温室効果ガス排出量を2013年度比46%削減」を、2021年の国連気候サミットで約束しました。
政府方針に続き、国際公約としての「カーボンニュートラル」確立です。

カーボンニュートラルとは平たく言うとこうなります。
「進行しつつある地球温暖化のスピードをスローダウンするために有害な温室効果ガス排出ゼロ!と言いたいけれど、現代の技術では難しいので、今ある技術を総動員してプラマイゼロにする、そして地球環境のこれ以上の悪化を食い止めましょう。」

実現のためにはエネルギーを必要とするすべての活動、産業・運輸・エネルギー転換部門とともに、住宅建築部門においても目標をクリアする必要があります。
しかし住宅建築部門では、大半がそんな概念のなかった時代の既存建築物。
所有者に新基準適合への改修義務を負わせることは、困難です。
そこで許認可で管理しやすい新築建築物に、規制がかかることになります。
地球規模の環境問題は、これから家を計画する人に大いに影響するのです。

高気密高断熱住宅で、地球と自宅の未来を守る

住宅建築部門でできるカーボンニュートラル実現への道は、はっきりしています。
既存住宅のうち、省エネ基準が現行制度に合致する住宅は10%程度。
リフォームで基準を満たせる住宅は、補助金等で省エネ基準適合に誘導。
リフォームで達成困難な既存建築は、建て替えを誘導。
建て替えや新築には省エネ建築やゼロエネを義務化。
数10年続ければ、いつか(30年後くらい)全建築物の省エネ化が実現する。

省エネ住宅の基本は、エネルギーコストが少ない高気密高断熱住宅です。
それは断熱性能の高い外皮(外壁、屋根、窓etc」と、給湯や冷房に高効率な機器を選択することで可能になります。
太陽光発電でエネルギー創出までできれば、認定の有無にかかわらず「ゼロエネルギー住宅」が実現。
環境貢献だけではなく、冬暖かく夏涼しい健康住宅も実現できます。

2022年、省エネ等級が変わる

カーボンニュートラルのための施策はこれまでも建築行政に反映されてきました。
例えば今年の4月から始まった、省エネ基準適合の説明義務も、その一環です。
来年には省エネ基準の上位等級の創設が予定されています。
現在、断熱等性能等級は等級4(Ua値≦0.87/6地域)が最上位とされ、長期優良住宅の認定にもこの基準が使われています。
2022年に等級5(Ua値≦0.6)を新設されると長期憂慮住宅認定基準もアップグレード、これまで規定がなかった一次エネルギー消費量基準についてはも等級6(BEI≦0.8)が追加されます。

次回から、個人の家づくりに関係が深い施策をご紹介します。

→column82 令和の時代の家づくり 合言葉は「ZEH水準」 2022.01.11

このコラムは、注文住宅を計画する方の参考になることを目的に、アーキシップス京都の経験に基づいて書き下ろします。
トピックス、技術、経験の内容は、主観に基づくことをご了承ください。

グラフ1 2018年日本の温室効果ガス排出量
グラフ2 カーボンニュートラルのイメージ
ZEB(ZEH)とは 環境省サイトより転載
国土交通省 H29住宅ストックの断熱性能 基準適合には?
省エネ住宅は健康・快適住宅
  1. 80家は動線で作る
  2. 79注文住宅の質とは
  3. 78住宅費用の上昇要因
  4. 77注文住宅の理由
  5. 76注文住宅と言う選択
  6. 75令和の時代の注文住宅
  7. 74令和の時代の家づくり
  8. 73ウッドショック後の世界
  9. 72ウッドショックの現在
  10. 71注文住宅の長期保証
  11. 70すぐできる断熱リフォーム
  12. 00バックナンバー